軽井沢別荘にかかる固定資産税と税金対策【軽井沢 別荘 建築会社比較ナビ】

【軽井沢 別荘 建築会社比較ナビ】
軽井沢別荘建築会社比較HOME » 軽井沢の建築会社の選び方 » 軽井沢別荘にかかる固定資産税と税金対策

 軽井沢別荘にかかる固定資産税と税金対策 

軽井沢で別荘を持つには税金の支払いが必要

軽井沢で別荘を持つには税金の支払いが必要軽井沢に別荘をセカンドハウスとして購入したり、新規に建築することを希望されている方が存在しています。この場合では、購入費用の他に各種税金の支払いが必要とされていて、この点に関しては必ず支払わなければならない部分としても知られています。一般的な住宅でも同様に、住宅の場合では固定資産税というものがかかることになります。固定資産税は別荘の規模によっても大きく変わることになり、毎年の支払いが義務化されている内容を持っています。

この税金に関しては税率を気にすることが必要とされていて、できるだけ負担を軽減させることも可能とされています。例えば床面積などを必要以上に増やしてしまった場合では、支払額が増えてしまうことになるために、配慮も大切になります。また、軽井沢では住宅用地特例というものを用意している状態にあり、この特例に該当するような別荘に仕上げる方法も効果的になります。

法人ではなく、個人使用に限った利用で税軽減

具体的には特例の内容にそった場合では、基本としては法人などではなく、個人使用に限って利用することが必要とされていて、月に1度以上の利用が必要とされています。この利用に関しては、日帰りではなく宿泊を伴う利用に限定されていることも注目すべき点になります。また、普通に生活を送ることができる建造物であることも条件の一つとされているために、インフラとして水道や電気などの設備を有していることも必要な内容とされています。このような条件を全て満たしている場合では、減免処置が行われるために、支払う固定資産税を安く抑制することが可能とされています。

その一方で、他人に貸し出すことを前提として購入される方も存在しています。この場合では減価償却についての計算を行う方法が用意されていて、初期投資として支払った金額を、長期的な視野で計算を行って、得ることのできる家賃収入と合わせて計算することによって、税金の負担額を減少させることができます。詳細事項に関しては専門家に相談してみることもお勧めになりますが、事前に下調べとして一定の調査を行っておくことによって、スムーズに別荘の利用、または運営を行うことができます。

固定資産税を抑える方法まとめ

法人ではなく、個人利用であること

個人の住宅用と認められないと、固定資産税の軽減措置は受けられません。法人所有の場合、不特定多数が利用するので、住宅用とは認められません。個人所有であることが大前提です。

ライフライン(水道・電気)が通っていること

上記の通り、住宅用であるということを自治体が認めないと、軽減措置は受けられません。居住のためのライフラインが通っていることが条件となります。

毎月1日以上の居住をされていること

つまり、月に一度以上、別荘で寝泊りをすれば、住宅用と認められます。夏季のみの使用や、日帰りでは、居住していると認められません。

 
運営者情報
【軽井沢 別荘 建築会社比較ナビ】